調べるブログ

Macやプログラミング、技術情報など。

コマンドラインでSwift REPLを実行した時にエラーが出た場合の対処方法

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



MacBookがお気に入り

先日MacBookをAmazonのタイムセールで購入しまして、ブログの記事作成やサイトを閲覧したり、ネットラジオ・音楽を聞いたり、軽めのプログラミングをしたりと週の半分は持ち歩いて使っています。

軽くて持ちやすくてバッテリーも持つ。それでいてタイピングもやりやすい。まさに最高のモバイルノートといったところです。

loxley-tips.hatenablog.jp

Amazonから購入したのでカスタマイズできず、8GBメモリということでパフォーマンスの面で心配だったのですが、別に重い作業をMacBookでやるわけでもないので十分かなという感想です。

Swiftを学び始める 

この春に転職した会社はMac・iOSのソフトウェアを開発していまして、筆者もそろそろ新しいコンパイラ言語を覚えようとSwiftを勉強することにしました。

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus

[改訂新版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus

 

筆者はObjective-Cとはどうも相性が悪いみたいです。一応文法は調べたんですけど、あの言語、コード読みにくい...。

 

Swift REPLの実行でエラーが...

Xcodeは使ったことがあってC++のデバッグぐらいはわかるのですが、Swiftは勝手がわかりません。とりあえず書籍を参考にREPLを使いつつ文法から理解していこうと

$ swift

と打ち込んだところ、error発生。

「ん〜?REPLの呼び出し違うんだろうか?でもコマンドラインコンパイルはできるのになー...」

と不思議に思っていたところ、Xcodeにコマンドラインツールの設定を行う箇所を見つけまして。 

 

Xcodeを起動してメニューから"Preferences..."をクリックし、

f:id:Loxley:20190618013305j:plain

 

開いた画面で"Locations"タブをクリックし、

f:id:Loxley:20190618013244j:plain

 

ここで"Command Line Tools:"の選択が空白になっていたので"Xcode 10.2.1"を選択します。 

f:id:Loxley:20190618013316j:plain

ターミナルで

$ swift

と入力してリターンキーを押し、REPLが起動されました。

REPLは

:exit

で終了します。

REPLはPython・Rubyを学ぶ時にお世話になりましたがSwiftのような静的型付言語で使えるとは思いませんでした。文法理解するにはお手軽な環境なんですよね。 

 

とりあえずお試し用にダウンロードしておいた過去バージョンのXcodeとコマンドライツールは不要になりました。サイズ大きいけどせっかく落としたのになぁ...。

↓ここから過去バージョンのXcodeとコマンドラインツールをダウンロードしました。

https://developer.apple.com/download/more/


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS