調べるブログ

Appleファンのブログです。お絵描き(クリスタ使用)も練習中です。

絵の練習にワンドロをやり始めた話

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



ワンドロを始める

絵の練習をする際、ワンドロ(1時間ドローイング)がいいという記事を見つけてやってみることにしました。

ワンドロ (わんどろ)とは【ピクシブ百科事典】

「ワンドロ」とは 1時間ドローイング「お絵描き60分一本勝負」の略称で、つまり1時間以内で絵を描くこと。  

 

PCで使うペンタブは微妙に線を引くのに慣れていないので、まだマシな線が引けると思うiPad Proでの作業です。(PCは塗るのは楽なのだけど、線画までがキツイ・・・)

 

しかしながらやり始めて、「これは1時間も集中力がもたない」と思ったので、ざっと構図を決めたらレイヤー分けして油彩でガンガン塗っていきます。塗り残しなんて気にしません。背景もクリスタの素材を利用します。

ワンドロはとにかく「1時間以内に絵を完成させる」ことが重要だそうです。

 

というわけで、平成に始まってついに令和まで15年くらいサービスが続いているオンラインゲーム「FINAL FANTASY XI」のジョブ「狩人」を描いてみました。

絵の練習

 

ワンドロ感想

 まだクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)の塗りツールに慣れていないので、マスクとか操作がよくわからず、とにかくレイヤー分けして油彩で塗り終えたのですが、ワンドロって確かにいい練習になるなと思いました。

デジタルイラスト入門サイトの記事でよく見かける「とにかく完成させることが重要」というのが実感できました。

図形や人体モデルをなぞるというのもペンタブの練習的には必要なことなのですが、それだけではもちろんダメで、やはり絵を書いて完成させることが重要なのだと思います。

loxley-tips.hatenablog.jp

とはいうものの、1時間はさすがにしんどいので時間が取れる時にガッツリ練習していこうかと。(=ω=;)

 

補足

iPad Proで描く際は右手の小指でレイヤーパレットを誤爆しやすいのですが、二本指グローブを装着したら幾分マシになりました。 

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS