調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

「ゼロからわかるRuby超入門」を手を動かしながら読んでみた

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



久々にRuby入門書を読了

Ruby初心者というわけではないけれど、実務で使用しているわけではなく、しばらく使ってこなかったので中級者でもない。しかしRuby on Railsで基本的なWebアプリケーションフレームワークを学ぶ上で、ある程度のRubyの学習(復習)は 必要・・・ということで何か一冊Rubyの本を読んで勉強し直してみることにした。

そこで手にとったのがこの本だった。「 ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座)」。発売されたばかりの書籍であり、はてブで見たことがある人もいるかもしれない。  

ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座)

ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座)

 

こんなにわかりやすいRubyの本は今までなかった!

本書は、プログラミングが初めての方へ向けた、プログラミング言語Rubyの入門書です。 本業のRubyプログラマーを続けながら、 一橋大学の社会学部でプログラミングを初めて学ぶ学生へ向けて講義をした筆者が、その経験をもとに、 図を多く使って分かりやすく説明し、かつ実用的で役立つ内容を選びました。 

 

解説が非常に丁寧でわかりやすい本

初学者向けの書籍のためか、かなり丁寧に文法やメソッドの使い方が書いてあり、入門書によくあるページ数の都合で端折るケースがないのがとてもいい。

サンプルソースはそれぞれ独立していて、実際に自分で書いて動かして試すことができる。非常に説明が丁寧で好ましい。

よくある入門書系の悪いケースは「何かを作って学ぶ」系で、ソースの一部分だけを抜き出して説明したり、コードを書かせたりするもの。これだと説明を端折ったことで初学者が気がつかないエラーが出て(初学者が)挫折する原因になることがある。

初学者にとってはプログラミングをする上で必要な環境構築が、最初のハードルだと思う。その点本書では巻末にMacに最新バージョンのRubyをインストールする方法が書かれているのもいい。rbenvでバージョンを切り替えるのはとても便利で実用的であり、面倒なことでも手間を掛けて説明しているところが好印象だった。(Macは購入した時点で既にRubyがインストールされているため、インストール方法の説明は不要なのだが、後々rbenvは使うことになるのでそれを巻末に持ってきているのはいい配慮だと思う)

 

補足

Rubyは1.9の頃勉強しただけで、とある製品向けのテストコードの自動生成ツールを作った程度だ。当時勉強に使用していた書籍は「プログラミング言語 Ruby」であり、さすがに2.4以降の説明が記載された書籍を購入して勉強してみようと思った次第。

プログラミング言語 Ruby

プログラミング言語 Ruby

  • 作者: まつもとゆきひろ,David Flanagan,卜部昌平(監訳),長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/01/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 21人 クリック: 356回
  • この商品を含むブログ (129件) を見る
 

 

RubyはElixirを学ぶのにもいい

個人的に時間をみつけて関数型言語のElixirを勉強しているが、ElixirはRubyの影響を受けているのか、非常に文法がよく似ている。いきなり難易度の高い関数型言語の勉強に取り掛かるより、まずはRubyで勉強してからElixirに入っていくのもいいと思う。 

プログラミングElixir

プログラミングElixir

 

Ruby3では並列実行も取り入れるという計画もあるそうだし、先を見据えた開発が継続されているので(Rubyは)勉強しておいて損はないプログラミング言語だと思う。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS