調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

バージョン管理システムについて思うこと

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



バージョン管理システムをGitに移行した

先日、職場で利用するバージョン管理システムをSubversionからGit(GitLab)に乗り換えた。随分前にGitの利用は職場でも行われており、いつでも使える状態にあったのだが、参加するプロジェクトの都合でSubversionをずっと使い続けていた。共同作業だとGitは捗るが、個人作業だと違いはないかなーなどとも考えていた。

しかし、社内のサーバー機の移行やらが行われたタイミングでGitLabにアカウントを作り、個人担当分の作業はGitで行うようになった。すると便利すぎてビックリ。リモート・ローカルの管理方法も腑に落ちるし、コマンド操作は快適の一言だ。

あまりの便利さに、自宅でもプライベートでGitを使うようになり、無料のGitHubにアカウントを作成した。

過去利用したバージョン管理システムについて

筆者がバージョン管理システムを使いだしたのは、新卒当時に働いていた企業で「日付管理の圧縮ファイル(LZHだったと思う)をやめてバージョン管理システムを採用したいのでまずは若いお前が実験台になれ(意訳)」がきっかけだった。試行錯誤して運用例を発表して集まったおっさんエンジニア達の質問にしどろもどろに答えたのだった。(組み込み系のおっさんエンジニアのプレッシャーはすごくて、何あの野武士集団?と思ってしまった。Web系のスマートさとは無縁の職場だったが、今は時代の流れで多少は風通しもよくなったのだろうか)

で、その後いろいろとバージョン管理システムを使ったのだけど、

  • VisualSourceSafe(組み込み系メーカー、SIerで使用した)
  • CVS(ベンチャー企業に勤めた際にごった煮版クライアントを使っていた)
  • Subversion(現職で使用、GitLabに移行)

この中で意外とVisualSourceSafeは使いやすかった印象がある。VB.netでチーム開発していた際に使用したがコンフリクト発生箇所もわかりやすかったし。

ただ、現在はGitを使い始めてその使いやすさにいたく感動してしまったので、もう他のバージョン管理システムを使う気はない。 Subversionとシェアがあっさり逆転したのも頷けるというものだ。

 

初学者にオススメの書籍

Gitはコマンドラインの使いやすさが魅力だが(マジでストレスフリー、軽快すぎて楽しい)、GUIで学びたい人には以下の書籍がオススメだ。要点を押さえて説明が行われており、初心者にとってわかりやすいと思う。

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉

 

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS