調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

書籍「Pythonチュートリアル」は非常に難解だったという話

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



「Pythonチュートリアル」を読んだ

プログラミング言語「Python」の技術書籍「Pythonチュートリアル」を読んだ。

Python公式サイトにはチュートリアルのページがあり、それの紙版でしかないのだが、「Python 3 エンジニア認定基礎試験」の出題範囲でもあるので購入しておいたわけだ。

Pythonチュートリアル 第3版

Pythonチュートリアル 第3版

 

で、内容に関していうと「難しい」。これに尽きる。 

筆者はPythonの勉強を「独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで」で始めていたので、「Pythonチュートリアル」は必要なかったのだが、資格試験で使うなら買っておいてもいいかとAmazonでポチッたのだった。

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

 

「Pythonチュートリアル」で記載されている内容を端的にいうと「いかに短く書くか」。まるでRubyと競っているかのようだった。初学者ならば「独学プログラマー」もしくは「退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング」から学習を始めたほうがよいように思う。 

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

 

会社の先輩も「Pythonチュートリアル」を持っていたので内容について聞いてみると「積み本」にしているのだとか。(ですよねー)

 

そもそも資格試験が必要なのだろうか 

当初は認定基礎試験というものに興味をもったのだが、はたしてこれは必要なのだろうか。

基礎試験 | 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

今だとGitHubで作成物を公開し、経歴書にそのURLを貼っておいたほうが説得力がある気がするのだが・・・。

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS