調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

MacにGoogle IMEをインストールする方法

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



筆者はMacBook Pro購入までMacOSをほとんど触ったことのない初心者だったので、このサブブログの記事をMacで更新して学習することにした。Linux経験は長いのでTerminal操作は問題ないのだが、Macのデスクトップ環境がどうにも慣れない。

以下はGoogle IMEのインストールとその後の設定を備忘録がてら記述したものである。

 

Google IMEをインストール 

まずはGoogle IMEをダウンロードする。 

f:id:Loxley:20181006213053j:plain

 

 利用規約を確認し、「同意してインストール」をクリックする。

f:id:Loxley:20181006213112j:plain

 

 IMEがダウンロードされるまでしばらく待つ。

f:id:Loxley:20181006213129j:plain

 

ダウンロードが終わったらブラウザ(Chrome)の左下に表示されているダウンロードファイルをクリックする。

f:id:Loxley:20181006213145j:plain

 あとはおなじみのインストール処理が続く。

f:id:Loxley:20181006213210j:plain

 

インストール後にすぐに使いたいので「有効にする」をクリックする。

f:id:Loxley:20181006213229j:plain

これでメニューバーにGoogle IMEマーク(水色マ)が表示され利用可能になる。

 

キーボード設定を行う

Google IMEはインストールしたもののMacの標準IMEが残っていて使い勝手がよくない。そこでIMEのメニュー表示をこれから使用するGoogle IMEのみにする。

f:id:Loxley:20181006213246j:plain

 

システム環境設定で「キーボード」をクリックする。 

f:id:Loxley:20181006213305j:plain


「入力ソース」をクリックする。

f:id:Loxley:20181006213335j:plain

 

「−」ボタンで不要な項目(Macの標準入力)を非表示に設定する。

f:id:Loxley:20181006213433j:plain

 

キーボードダイアログを閉じてメニューからIMEマークをクリックするとGoogle IMEのみになっている。

f:id:Loxley:20181006213404j:plain

 

以上、Google IMEのインストールとその後の設定を説明した。 

Mac標準のIMEも賢いのだろうが、いかんせん入力してすぐに変換されていく仕様がどうにも合わない。Windowsでも慣れたGoogle IMEを使うことにする。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS