調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

Macに任意のバージョンのRubyをインストールする方法

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



Macでプログラミング言語Rubyの学習環境を構築したい

購入直後のMacBook ProにインストールされているRubyのバージョンは古く、このままだと

gem update --system

も失敗していた。

そこでMacに任意のバージョンのRubyをインストールしたいと思い、参考にした動画がこちら。 

youtu.be

 

インストール手順

以下はインストール作業時の備忘録。

Xcode

App StoreでXcodeをインストールする。Wifi環境下でダウンロード &インストールに20分ほどかかった。

Xcodeのライセンスはターミナルで同意を行った。

Command Line Tool for Xcodeのインストールはコマンドを実行したが、既にインストール済みであるメッセージが出力された。

 

f:id:Loxley:20181006021245j:plain

Homebrew 

Homebrewをインストールし、下記のサイトの記載通りに実行してInstallation successful!表示を確認。

macOS 用パッケージマネージャー — macOS 用パッケージマネージャー

 

RVM 

下記のサイトの記載通りにRVMをインストールする。

RVM: Ruby Version Manager - RVM Ruby Version Manager - Documentation

RVMインストール後、Terminalから

$ source ~/.profile

を実行して設定ファイルを再読み込みした。

 

Terminalからコマンド

$ rvm install 2.4.1

を実行し、Rubyをインストールする。

$ ruby -v

を実行してバージョン2.4.1がインストールされていることを確認した。

 

Pry

対話型実行環境Pryをインストールする。

その前にRubyGemsを最新の状態に更新しておく。

コマンドは

gem update --system

既に最新の環境であるとメッセージが出力された。

Pryを以下のコマンドでインストールする。 

gem install pry

 

Rubyの書籍だと対話型実行環境にirbを使用していることが多いが、とりあえず指示のままにPryをインストールした。

 

これでMacBook ProでRubyの学習を行う環境ができたので時間を見つけて学んでいこうと思う。

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS