調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

13インチMacBook Pro(スペースグレイ)を注文した話

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



Macbook Proを注文した

世間がiPhone XS/Max/XRに騒ぐ中、13インチ Macbook ProをApple Storeで注文した。アレを買うくらいならMacbookのグレードを上げたほうがいいかなーと思ったからだ。

SPECは、

  • 第8世代2.3GHzクアッドコア Intel Core i5プロセッサ
  • 16GBメモリ
  • 512GB SSD
  • Touch Bar・Touch ID

512GB SSDモデルにメモリだけ増設した構成だ。

色はスペースグレイ。落ち着いた色合いでこれを選んだ。(店頭でチェックするとシルバーはやや眩しく感じる。シルバーが好きな方、すみません)

f:id:Loxley:20180922142224j:plain

構成変更していないモデルであれば2~3日中に発送されるようだが、メモリを8GB→16GBに増設すると2週間近く待つことになる。8GBメモリだと筆者の用途だと実用面で厳しいレベルになりそうなのでやめておいた。

 

じつをいうと前々からMacbookが欲しいと記事にしていたのだが、新モデル追加などでタイミングを逃し続け、今回Macbook Pro 13インチの新モデルが発売されたことでやっと購入に踏み切ったのである。

loxley-tips.hatenablog.jp

来月あたりにMacbookの新モデルが発表されたら精神的にダメージを受けそうではあるが...。 

 

主な用途

用途としては主にプログラミングとBlog更新、動画・画像編集など。最近だとプログラミングの書籍を購入すると動作確認環境がMacだけ、というものもあり、Macを一台は持っておいたほうがいいと感じるようになっていた。

会社、自宅でもプログラミング的な作業はほぼLinux(CentOS・Ubuntu)環境なのだが、フロントエンド周りは動作確認が取れていると時間の浪費を避けられて非常に助かる。技術書籍のAmazonのレビューを見ると「開発環境の動作確認がMacだけなのはいかがなものか」と厳しい意見も見受けられるが、Linuxだと(Docker利用を除いて)様々な環境・バージョンなどで本番環境にデプロイすることを視野に入れて本を書くのは大変だろう。少なくともMacで確認が取れているなら筆者的には大助かりである。 

↓チュートリアルを日本語化した内容だが、安いしけっこう役立った。

忙しい人のための1日で理解するFlask入門

忙しい人のための1日で理解するFlask入門

 

 

Macを購入するのは10数年ぶりで、以前購入したのはまだ「Powerbook」という製品名が付けられていた頃だ。(凄まじく高く、そして重かった)

f:id:Loxley:20180922144314j:plain

画像はWikipediaのものを拝借

 

他に購入しておくもの

環境を壊した時にすばやく以前の状態に戻したいのでTimeMachine用のHDDを買っておきたい。ESXiでいうスナップショット方式のバックアップだろうし、512GBモデルのMacbook Proであれば2TBのHDDを買っておけば十分かなと思う。

 

他にUSB周辺機器を使用するための機材も欲しい。USBメモリやBDドライブを利用する時に使用する。 

 

それとサイドテーブルワゴンも追加で欲しい。先日PC部屋用に購入したのだが、収納が多い割にコンパクトなのでリビングにもう一つ買っておこうと思う。側面のカバーを開くと書籍を収納できて大変便利なのだ。ワゴン上部にはリモコンを置いておけるし。(Macbook Proはリビングで使う予定)

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS