調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

プログラミング初学者の学習環境について思うこと

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



オンライン学習サイトを活用中

筆者は元プログラマーであり、他技術職に移った今でも業務ではプログラミングを活用している。

業務での活用といいつつも、じつは新たなプログラミング言語を習得するのが趣味のひとつなのだが、最近はProgateやPaizaなどのオンライン学習サイトを活用することが多い。

 

環境構築が身につかない

しかしながら、これらの学習サイトにも得手不得手はあるようで、中でも環境構築関連はほとんど身につかないようだ。なぜなら、あらかじめ実行環境が用意されており、プログラミング言語や開発方法の習得を目標としているからだと思う。

とはいうものの実際の現場では(特に小さい会社だと)自分で環境構築からやらねばならないことが多く、特に新しい技術だと一人でスタートなんてこともありえる。ある程度組織化された職場だと構築手順等は整備されているのだが、ブラックITだと目を覆いたくなるような惨状もままあるのだ。

こういった場合に備えて、ある程度は環境構築も勉強しておいたと方が良いかな、とは思う。

f:id:Loxley:20180916193012p:plain

環境構築は初学者にとってハードルが高い

とはいうものの、いわゆるLAMP等はプログラミング初学者にとって環境構築のハードルが高い。そこで筆者が思うのは、ある程度言語的な仕様やフレームワークを利用した実装方法を把握できたら実環境を構築してそちらで試してみることだ。

オンライン学習環境だと後から「あれどうやるんだったかなー?」と思って参照しようとしても閲覧性がよくない場合が多い。しかしローカルに残したサンプルコードならいつでも参照可能だ。ソースに参考情報としてURLをコメントとして残しておくのもいいだろう。(ベストは自分でメモを整備しておくことだろうけど)

 

これから一通りのプログラミングを勉強するのであれば、CentOSにPython3系+Flask構築してそちらでやってみる、なんてのもいいかもしれない(オンライン学習サイトでの経験者を想定)。Python3系だとSQLiteも同梱されているようで、RDBMSも勉強できて一石二鳥だ。必要に応じてMySQLやPostgresに移っていけばいい。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

書籍はバージョン明記のものを選ぶ

プログラミング環境を整える際に、書籍を参考にしようとすると困るのがバージョン違い。書籍の紹介で利用する環境のバージョンを明記したものがいいだろう。

上記でPythonを押しているが、別にRubyでもかまわない。グローバルだとPythonの勢いがものすごいが、日本だとスタートアップ企業でRuby on Railsが活用されているようだし、勉強したことは無駄にはならないと思う。 (機械学習をやりたいならPythonをやることになるが)

個人的にRubyでのプログラミングは快適だと思う。これは多言語の経験者ほどそう思うことが多いような気がする。かなり自由に記述できてストレスフリー。これに比べるとPythonのコーディング規則はガチガチでたまに渋面を浮かべることも。(=ω=;)

 

蛇足

なお、筆者の場合は開発環境のサーバーを起動したままだと電気代がもったいないなーと思い、仮想通貨マイニング機の環境(Windows10)にVMware Player(※)をインストールしてそこにCentOS等をインストールして動かしている。

loxley-tips.hatenablog.jp

最近は仮想通貨の価格が下落して黒字には至らないが...。(TωT)

 

※ESXiサーバーを立ててパススルーでGPUを利用してもいいが、ちょっと面倒くさい。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS