調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

AtomでElixirのソースコードをハイライト表示する

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



並行処理・関数型という特徴を持つElixir言語に興味を持ち、週末に勉強してみることにした。

Phoenixを含む開発環境のインストールは書籍「Elixir/Phoenix 初級1: はじめの一歩 (OIAX BOOKS)」と公式サイトを参考に済ませることが出来た。

Elixir/Phoenix 初級1: はじめの一歩 (OIAX BOOKS)

Elixir/Phoenix 初級1: はじめの一歩 (OIAX BOOKS)

 

 

筆者の環境が書籍で想定しているUbuntu16.04ではなくUbuntu18.04であるためか、kerlの実行結果が意図したとおりにならなかったが、Elixir言語の公式サイトを参照してElixirとPhoenixのインストールは書籍が指定しているバージョン以降にすることができた。

elixir-lang.org

 

Atomエディタでハイライト表示させたい

が、いざチュートリアル的なものを書いて動作確認目的に動かしてみようと思ったところ、AtomエディタでElixirのソースコードがハイライト表示されていないことに気がついた。

このままだと使いにくいので、以下の手順で必要なパッケージをインストールした。

 

Atomのメニューから
「Pacages」→「Settings View」→「Install Packages/Themes」
と選択していき、Settingタブで"Elixir"を検索する。

 

f:id:Loxley:20180909013330j:plain

 

すると「language-elixir」が見つかったのでこのパッケージをインストールする。 

 

インストール後、拡張子".exs"のファイルを開くとハイライト表示されていることを確認した。

f:id:Loxley:20180909014313j:plain

 

Packagesタブを参照すると"elixir-lang"と表示されていることから、公式のPackageなのだろう。

 

補足

Elixirについてもう少し詳しく言語仕様を知りたい場合は以下の書籍が参考になる。 

プログラミングElixir

プログラミングElixir

 

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS