調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

仮想通貨交換業、新たな自主規制団体を設立

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



金融庁が仮想通貨交換業として登録してる16社が新たに自主規制団体を設立したそうです。

f:id:Loxley:20180302230321j:plain

ITmediaでニュースが掲載されていました。

www.itmedia.co.jp

仮想通貨事業最大手のbitFlyerなど、金融庁が「仮想通貨交換業」として登録している16社は3月2日、新たな自主規制団体を設立すると発表した。業界のセキュリティレベルを高める狙いで、加盟企業には仮想通貨の管理方法、取り扱う通貨の種類、広告内容などに厳格な規制を課す予定。今後は改正資金決済法にのっとり、政府からの認定取得を目指す方針だ。  

認定取得の時期、団体名、所在地などは未定。正会員としては除くが、金融庁の審査を終えていない「みなし業者」の入会も募るという。「みなし業者」には、登録業者が環境整備に向けたアドバイスなどの支援を行うとしている。

 

筆者も利用している仮想通貨取引所Zaif(テックビューロ)も参加しているので安堵しましたが、元々仮想通貨交換業の団体って分裂してたんでしたっけ。で、金融庁辺りから指導がきて新団体を設立することになったのかな。この新団体にはコインチェックのような「みなし団体」は参加していないのでなにかと悪評が増えてきた仮想通貨界隈を仕切り直したいというところでしょうか。(もしくは正規業者であることに箔をつけたいのか)

 

しかし、新団体設立発表直前に加盟している一社がシステム不具合をやらかし、あわや仮想通貨業界が大惨事になるというなんとも締まらないスタートとなりました。

japan.cnet.com

テックビューロは2月20日、同社の仮想通貨取引所「Zaif」でシステム不具合が発生し、板情報に異常値が出現したと発表した。 

 

新団体はみなし業者へのアドバイスを行うようですが、(特にZaifは)CMより先に自社のサーバー増強を先にやっていただきたいと願う今日この頃です。

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS