調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

仮想通貨トレードで撤退時期を見誤りたくないなという話

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



先日のビットコイン暴落とそれに伴うアルトコイン群の暴落はどうにか沈静化はしたようです。しかし、以前のバブルとも言える水準には戻していません。

f:id:Loxley:20180120092644p:plain

筆者も海外情勢をチェックしていながらも油断しきっていて、複数のアルトコインを所有したままにし、危うく資産を減らすところでした。

どうにか回避できたのは先日投稿した記事に書いたとおりです。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

「総悲観は買い」は本当か

筆者の現在の活動はというと、このままヨコヨコの取引価格が続くのか様子を見定めつつ、マイニングで有望そうなコインを見つけて保有数を増やし、電気代と新たなパーツ代を回収しているといったところです。(diffによっては一日100枚掘れることもあり、マイニングはなかなか魅力的)

loxley-tips.hatenablog.jp

 

仮想通貨取引の暴落時には掲示板やSNS等で様々な意見が交わされていたのですが、筆者が疑問に思ったのは「総悲観は買い」という意見でした。

これって、リスクを取って大きな利益を得られるのですが、株式市場ならともかく、先行きが不透明な仮想通貨市場でいつまでも通用するのかなと。(リーマンショック後の株価の下落時期にトヨタの株を買った方は今ではかなりの利益を出しているという特集記事を読んだことがあります)

f:id:Loxley:20180120092806p:plain

もしかすると先日の大暴落くらいの価格が適正なのかもしれませんし、もう一段・二段と大暴落したほうが適切な価格なのかは誰にもわかりません。

また、ビットコインは一部の投資家が多数を所有しているというニュースもありました。これだと一部の人達で簡単に価格の操作が可能なんですよね。(だからこそ今回はそういう人たちが簡単にはこの市場を終わらせないだろうと読んで、あえてリスクを取ってアルトコインを買い、暴落前の資産に戻せているわけですが)

 

仮想通貨トレードへの参入スタイルを変える

こういう不安定な要素の多い仮想通貨市場、筆者はこれまで声が大きい意見であった「ガチホ」・「総悲観は買い」という考えからは退散し、ポジションを取らないマイナー視点で活動することにしました。 

DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート)  2018年1月号[雑誌]

DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート) 2018年1月号[雑誌]

 

↑月刊誌の特集ですが、仮想通貨のマイニングについて参考になります。

 

下落時に買うならせめて取引価格が反発し、上昇カーブが見えてからにしたいです。

それと、ある程度JPYを残しておかないとお目当てのコインが買えなくなるのでこれも今後は注意しておきたいですね。

高値掴みせず、下落からの反発を待っているだけでそこそこ安定して利益は出せそうな気がします。今回の大暴落はずいぶんとイナゴが焼かれたようですねー。(=ω=)<おっそろしい市場です。

 

ではまた次回。

 

仮想通貨取引所はZaif を利用しています。取引手数料が安いのが魅力ですね。

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS