調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

RADEON RX560の二枚目が届いたので仮想通貨Moneroマイニングのハッシュレートをチェックしてみました!

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



ほとんどマイニング専用機になってきたPCパーツ検証用の機材にRADEON RX560を二枚装着してみました。

f:id:Loxley:20171224105510j:plain

ちょっとしたトラブル発生

最初ビデオ出力が上手くいかなかったのですが、原因はカードの装着が甘く、ちょっと浮いていたからです。

マザーボードにスペーサーを付けてはいますが、ビデオカード装着時にマザーボードに力を加えた際に他のカードが浮いてしまったようです。 

 

購入したビデオカードは二枚とも、 

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359

です。同仕様のほうが安定稼働すると思いましたので。 

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359

 

 

Moneroマイニングのハッシュレートを確認する

二枚とも稼働したのでMinerGateを使用してMoneroマイニングのハッシュレートをチェックしてみました。

 

ビデオカードが1枚の場合のハッシュレートは以下の記事に載せています。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

こちらがRX560を1枚挿していた時のハッシュレートです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20171216/20171216105959.jpg

 

こちらがRX560を二枚構成にした時のハッシュレートです。

f:id:Loxley:20171224105528j:plain

ちゃんと二枚分稼働していますね。 

 

MoneroのマイニングはCPUでも採算が取れるレベルと言われていて、GPUを使用してもそれほど負荷が高くありません。GPUの温度を計測してみましたが二枚とも40℃後半でした。

Zotac GeForce GTX1060 6GBモデルならファンが回転しない温度ですね。 

 

GeForceでのマイニングもMoneroメインに移行しようかな。

f:id:Loxley:20171224111326j:plain 

 

GPUは4枚以上構成だとマイニング効率がよいのですが、粗悪な品質のライザーカードの利用による火災が怖いので筆者は直接マザーボードに装着し2~3枚程度に抑えるつもりです。

マイニングは売却益目的ではなく、電気代相殺と自分で使う分の仮想通貨入手が目的なのでこのくらいでいいかなと。本格的にやるなら電源まわりと火災関連の不安点を解消した上でリグを組むと思います。

 

マイニングした仮想通貨Moneroはcoincheck で取引する予定です。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS