調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

2018年以降も利益を出すために仮想通貨の取引について自分なりにルールを決める

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



きっかけはモナコインの投げ銭文化だった

筆者が仮想通貨のマイニングを始めたのは今年2017年の夏でした。

モナコインのコミュニティが面白く、投げ銭用にマイニングを始めたのがきっかけです。

AskMonaやオンラインウォレットMonappyでは面白い文章や上手い絵、それらを制作したクリエイターに投げ銭する文化が根付いており、非常に面白いと思いました。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

今では仮想通貨を入手するなら取引所で買ったほうが手っ取り早いのですが、この頃は仮想通貨というとICOで胡散臭い資金稼ぎの手段が横行しているもの、くらいに考えていました。正直言って投げ銭遊びで使うモナコイン以外は信用していませんでした。

マイニングに関しては自作PC歴が長く、エンジニアなこともあってかなり楽しめましたね。

 

電気代の相殺を狙って取引を始めNEMを知る

しかし、電気代の相殺くらいはしたいなーとマイニングしたモナコインの一部を仮想通貨取引所のZaifで売却したところ、テックビューロという会社を知り、NEMという将来性のある暗号通貨を知ることになりました。

 

 

NEMの技術と将来性が期待できたので投資のつもりでモナコインの売却益をそのままNEMの購入に当てたのですが、その後(NEMが)高騰します。

最終的に含み益で最新のPC環境Coffee Lake一式に買い換えるまでになりました。(ついでにマイニング機材も拡充してまだお釣りがくるほどです。あくまでも含み益ですが)

loxley-note.hatenablog.jp

 

自分なりのルールを決めることが重要

株式もそうなのですが、仮想通貨の取引も自分なりにルールを決めるのが重要だと思いました。

それは、自分が理解でき、将来性が期待できるものであり、数年後に自分が利用していることを想定できるもの、ということです。

仮想通貨取引所を見ていると株式の低位株のように安いコインを買い求める人が多いようですが、株の仕手と同じようにいいように利用されるだけで損をすることになるのでやめておいたほうがいいと思います。

仮想通貨の売買はよく投機的と言われ、ビットコインはチューリップなどと揶揄されていますが、数ある仮想通貨の中から技術的に将来性が見込まれ、実現性があり、自分も利用することが想定できるようなものなら「投機」でなく「投資」目的でやる分にはいいと思います。「投機」だと最終的にババ抜きですし、ビットコイン界隈ってハードフォークしまくりでそんな感じが漂ってますよね。

目先の利益に走るのではなく、自分なりにルールを決めて取引を行うことが重要だと感じました(マイニングに要した電気代の相殺を狙っておいて言うのもなんですが)。

 

以上のようなルールを決めて2018年もぼちぼち仮想通貨取引をやっていこうと思います。(筆者は安全・安定志向なのでいわゆる「億り人」は無理そうですが)


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS