調べるブログ

Apple製品(Mac/iPhone/iPad)、IT、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

MINERGATEで仮想通貨「Monero(XMR)」のマイニングを始めました!

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



マイニングプールサイト「NiceHash」がハッキングされ、保有していたビットコインが盗難に遭ったニュースが報じられてから数日経ちました。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

 

NiceHashの代替を探す 

筆者は所有しているPCリソースの半分をモナコインのマイニングに当てていたので、NiceHashがメンテナンスになろうと通常通りメインマシンは空き時間でモナコインのマイニングを行うのですが、パーツ検証を兼ねたサブマシンではNiceHashをメインに利用していたのでPCリソースが空いてしまうことになりました。

loxley-note.hatenablog.jp

 

サブマシンは数世代前のGPU RADEON R9 280を使用しているということもあり、できるだけRADEONに有利なアルゴリズムを利用できるマイニングのほうがよいと思いました。

loxley-tips.hatenablog.jp

というわけでイーサリアムも含めていろいろ試してみようとマイニングツールやプールサイトを当たってみたのですが、苦心して設定を終えてハッシュレートが思いの外低いと萎えます。(=ω=)<すごくメンドイ

そこで設定が簡単で様々な仮想通貨のマイニングを試せるツールはないものかと探してみたところ、MINERGATEなるものを見つけました。

 

じつは以前NiceHashを選定する際にMINERGATEは見つけていたのですが、もう一つマイニングツールを調べるのは面倒で放置していたのでした(アカウントが増えるのも手間だし)。

今回はNiceHashの代替ということでMINERGATEを試してみることにしました。

 

MINERGATEを入手しセットアップする

まずはMINERGATEのサイトにアクセスしてサインアップを行い、マイニングツール「MinerGate」をダウンロードします。

minergate.com

筆者がダウンロードしたMinerGateは"v7.1"でした。起動したMinerGateの画面で先に登録したメールアドレスを求められるので入力して先に進むとすぐにマイニングが実行できるような状態になっていました。

 

マイニングした仮想通貨の受取

気になるのは、マイニング後にどうやって仮想通貨を受け取るのかですが、

f:id:Loxley:20171209185203j:plain

MinerGateのExtraモード(起動時にメールアドレスとパスワードを入力する)でログインすると「WALLET」のタブメニューが表示されていました。このWALLETタブで指定したアドレスに払い出しを行うようです。

仮想通貨毎にFeeは異なり、Monero(XMR)はDynamic Feeとなっていました。(Bitcoinは固定でしたが、採掘難易度的におそらく使うことないでしょう)

 

マイニングを試す

いくつかマイニングを試してみたところ、Monero(XMR)は安定動作しましたが、イーサリアム(ETH)は筆者のRADEON R9 280環境では強制終了されるケースが多かったです。

 

MinerGateはCPU+GPUのマイニングができ、CPUはコア数の指定もできます。

AMD Ryzenなどコア数が多く性能も良いCPUであれば、CPU+GPUマイニングでそこそこ良い結果がでるのではないでしょうか。 

AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF

AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF

 

 

筆者のサブマシン(Windows10Prox64、Intel Celeron G3930、RADEON R9 280)では以下のようなハッシュレートとなりました。

f:id:Loxley:20171209190311j:plain

メインマシンに積んでいるGeForce GTX1060だと上記の3~4倍のハッシュレートとなったので古いGPUでもそこそこ役立ちそうです。

少なくとも高性能CPUオンリーでマイニングするよりは数世代前の古いRADEONでのGPUマイニングのほうが結果は上ですね。

 

マイニングの場合、CPUは重要ではないということで筆者もサブマシンには安いCeleronを使用しています。

が、上記の結果を見ると少なくともMoneroに限っては、AMDのRyzenなどであればMinerGateでのマイニングに役立ちそうです。

 

サブマシンの構成は以下の記事にて紹介しています。 

loxley-tips.hatenablog.jp

 

Monero(XMR)ウォレットを入手する

f:id:Loxley:20171209183033j:plain

マイニングした仮想通貨Monero(XMR)を受け取るにはウォレットが必要です。オンラインウォレットでもいいのでしょうけど、筆者はセキュリティを考慮してMONERO公式サイトからウォレットソフトウェアをダウンロードしてインストールしました。

 

getmonero.org

起動してバックアップ等の設定を行いますが、初回の同期処理に非常に時間がかかるようです。

Monero(XMR)の相場

国内取引所の相場を見ると1XMR=31000JPYくらいの取引価格になっているようですね。イーサリアムよりは低めで、取り扱っている国内取引所も少ないのかな?

 

ちなみに、Moneroは筆者がよく利用している仮想通貨取引所 Zaif  では取り扱っていないため他の取引所を利用することになります。

 

筆者が調べたところ、国内だと仮想通貨取引所 coincheck がMoneroを取り扱っているのを確認しました。(ついでに筆者も利用登録しておきました)

 

以上、MinerGateを利用したMoneroマイニングの実施方法記事でした。お役に立てれば幸いです。('ω') 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS