調べるブログ

Appleファンのブログです。お絵描き(クリスタ使用)も練習中です。

大型連休中にU-CANデジタルイラスト講座をやり始めたがその効果は?

デジタルイラスト講座の進み具合について

連休前にU-CANのデジタルイラスト講座(CLIP STUDIO PAINT使用)に申し込み、「基本操作編」は課題を提出済で「イラスト上達テクニック編」に進みました。

loxley-tips.hatenablog.jp

最初の頃は不慣れなペンタブに悪戦苦闘していたわけですが、その成長ぶりを振り返ってみるとなかなか興味深いです。

 

「まず描く」というところから始めた

ネットのデジタルイラスト講座の記事等を見ると模写がオススメのようですが、筆者はとにかく描いて覚えようと考えました。描きやすい題材を選び、検索結果の画像で服装を参考にし、油彩ブラシで描いていました。(昔遊んでいたゲーム「FINAL FANTASY XI」を参考にしています)

www.pixiv.net

 

アイコン絵を描いてみた

次になるべく絵を描くということを続けられるようにアイコン絵を描いていくことにしました。ここでも油彩ブラシを使っていました。

www.pixiv.net

 

アニメ塗りを学ぶ

アイコン絵を描いていくというアイデアは継続するという意味では良かったものの、油彩ブラシは塗りに時間がかかります。そこでアニメ塗りを学んで描き始めました。油彩ブラシと比べるとレイヤー分け+アニメ塗りの速さは驚異的でした。

www.pixiv.net

 

バランスや表情を学ぶ

U-CANデジタルイラスト講座の「基本操作編」でCLIP STUDIO PAINTの使い方を学び、「イラスト上達テクニック編」を始めてからキャラクターの構図・表情等を理解してきたのですが、ペンタブで線を引く作業に慣れないですね。逆にPCでペンタブを使うと塗りは非常に速いです。

 

 

下絵をiPad Proで描くようにした

ということで、

  • iPad Proで下絵を描く
  • 塗りはPCとペンタブを使う

のように分けて作業するようにしたところ、劇的に改善できました。 

FF11カッパエル

iPad Proに紙質に近い感じのフィルムを貼って使っているのですが、これがApple Pencilと非常に相性がよいのかクロッキー帳に描いているような感じで下書きができます。

loxley-tips.hatenablog.jp

下書きができたらCLIP STUDIO PAINTのクラウドストレージ機能を利用してアップロードし、PCで下書きデータをダウンロードしてペンタブを使って色を塗っていきます。

www.pixiv.net

iPad Pro版のCLIP STUDIO PAINT EXを利用しているならクラウドストレージを100GBまで利用できるので、個人ユースであれば容量不足の心配はなさそうですね。

 

今のところキャラクター絵ばかりなので、今後は出先で写真を撮って背景画の題材にしたいところです。

MacBook Proを初期化してmacOSをクリーンインストールしてみた話

平成最後の日にmacOSをクリーンインストール

新元号「令和」を迎えることだしMacの環境も一新、というわけでもないんですが、平成最後の日にmacOSのクリーンインストールをやってみました。

Apple Storeで購入して半年が経ったところでクリーンインストールとなったわけです。

loxley-tips.hatenablog.jp

主にWeb系プログラミング技術の習得に利用してきたのですが、転職先ではC++やObjective-C、GoogleAppsを使うことが多いため環境を初期状態に戻し、一から構築し直すことにしました。

MacBook Proを初期化してmacOSをクリーンインストールする

以下の手順で行いました。ネットの情報はやや古かったため手探りでやってみた箇所もあります。

バックアップを取る

バックアップはiCloudを日常的に使っているため、別途やるような作業はありませんでした。クラウドサービスのサインアウト等もmacOSをクリーンインストールするだけの筆者には不要です。(中古で売却するつもりならクラウドサービスからのサインアウトは「Macを探す」などのサービスを解除しておく必要があります) 

リカバリモードで起動する 

MacBook Proの電源を落とし、リカバリモードで起動します。リカバリモードは⌘キー、Rキー、電源ボタンを同時に押して入ることができました。

ディスクユーティリティでSSDの内容を消去

リカバリモード起動後、macOSユーティリティ画面が表示されるので「ディスクユーティリティ」を選択します。

「続ける」ボタンをクリックして表示された画面で内蔵ディスクを選択し「消去」を実行します。フォーマットはAPFSを選択しました。

ここでトラブル

ネットで調べた内容だとディスクユーティリティを終了してmacOSユーティリティから「macOSを再インストール」を選択するのですが、Wifiの接続が解除されたため再起動してWifiに接続する必要がありました。トラブルと言うほどではありませんがmacOSのクリーンインストールは初めての経験だったため、ちょっと焦りました。('ω';)

 

macOSを再インストール

再びmacOSをリカバリモードで起動して「macOSを再インストール」を選択してmacOSのインストールを始めます。

Macの初期化

15~16分ほどでインストールは完了しました。

その後再起動して購入時と同様にセットアップが始まりました。

購入時と比べるとセットアップ時の選択肢表示が妙に遅かったのが気になりましたが、内部でインデックスでも作成していたのでしょうか。

iOS/MacOSアプリ開発の学習用に使う

しばらくの間MacBook ProはiOS/MacOSアプリ開発の学習用に使うつもりです。

Swiftの勉強ついでによさそうな本も見つけておきました。

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 第7版 【Xcode 10 & iOS 12】 完全対応 (Informatics&IDEA)

絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門 第7版 【Xcode 10 & iOS 12】 完全対応 (Informatics&IDEA)

 

 

お絵描きの環境も自作機(Windows)に移行しておきました。

loxley-tips.hatenablog.jp

一度はやっておきたいmacOSクリーンインストール

Macユーザーでも購入後にクリーンインストールを行わない方も多いと思いますが、用途に合わせてクリーンインストールして環境を再構築しておくと快適に使えて便利です。

MacだとiCloudで日常的にバックアップを取れて便利ですし。

iCloud

 この機会にiCloudのストレージ容量も増やしておきました。(月額130円でした)

 

iPhone用に防水Bluetoothスピーカーを購入しました

4月に入ってから転職しまして、仕事の内容と給与には満足しているもののとにかく仕事が忙しく趣味の時間がなかなか取れなくなりました。

お気に入りのWebラジオすらゆったり聞く時間が取れないので「これはイカン!」と思い立ち、 

ラジオCD「らじキャン△?ゆるキャン△情報局?」Vol.1 【CD+DVD】

ラジオCD「らじキャン△?ゆるキャン△情報局?」Vol.1 【CD+DVD】

  • アーティスト: 花守ゆみり
  • 出版社/メーカー: タブリエ・コミュニケーションズ株式会社
  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

とりあえず「ながら」でも快適に聴ける再生環境を整えてみることにしました。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

今回購入したアイテムはこちら。防水Bluetoothスピーカーです。 

これでお風呂の時間にのんびりWebラジオくらいは聴けるようになりました。コンパクトな製品ですが、音は意外とパワフル。WebラジオのMCの声もはっきり聞こえます。

重低音も効いているのでApple Musicの再生にもいいですね。

 

以下は配達された日に開封した時の写真です。

防水Bluetoothスピーカー

 

iPhone8 Plusとのペアリングは簡単でした。電源スイッチ等は製品の上部に並んでいます。左から電源、Bluetooth、音量の各スイッチです。

スピーカー正面

 

背面に充電用のUSBポートとライン入力端子があります。 

スピーカー背面

 

コンパクトで取り回しもよいので屋外に持ち出す人も多いのではないでしょうか。 

iPad Pro(2018) 12.9インチ用液晶保護フィルムを購入しました

先日、iPad Pro(2018) 12.9インチモデルを購入した記事を書きました。 

loxley-tips.hatenablog.jp

その際、数年使用したiPad Pro 10.5インチモデルを秋葉原のじゃんぱらに買い取りしてもらったのですが、液晶ディスプレイに若干の傷があって査定額が下がってしまいました。 

loxley-note.hatenablog.jp

 

そこで今回は液晶ディスプレイに保護フィルムを貼っておこうと思いまして、購入したのがこちら。 

 

「紙のような描き心地」というのが気になったのでこちらの商品をAmazonでポチったのですが、貼り付けてみるとなるほど確かに表面が若干ザラついていて、液晶のツルツルした感がなくなりました。描く際の抵抗感が紙質に似ています。

 

が、iPad Proの液晶ディスプレイの描画の美しさは損なわれてしまうのでこれはトレードオフですね。

保護フィルム

Apple Pencil2を使ってお絵描きをする人にはオススメです。('ω')b 

iPad Pro 12.9インチモデル(2018)が届いた!

iPad Pro 2018を購入

iPad Pro 12.9インチモデル(2018)をApple Storeで購入しました。ついでにApple Pencil2も。

f:id:Loxley:20190414215306j:plain

お値段はちょっとしたノートパソコン並みです。MacBook Airが買えそう。(=ω=;)

 

開封 

届いたのは平日で帰宅も遅かったのですが、翌日から持ち歩いて使いたかったのでさっさとセットアップしてしまいました。

Apple製品の箱は寸法がピッタリしすぎていて開けにくいのはご愛嬌。Apple的にたとえ箱であってもこだわって精度の高さを見せつけたいのかもしれません。

f:id:Loxley:20190414215319j:plain

 

本体をずらすと説明書がありました。

f:id:Loxley:20190414215330j:plain

 

説明書を取り出すと電源類が見えます。

f:id:Loxley:20190414215343j:plain

 

iPad Pro 2018は給電ケーブルにUSB-Type Cを使うんですね。

f:id:Loxley:20190414215402j:plain

 

背面です。色はスペースグレイを選択しました。カバーを装着するのでこの後見ることはなさそう。

f:id:Loxley:20190414215447j:plain

 

次にApple Pencil2を開封してみました。

第二世代のApple Pencilはオプション品が何も付いていません。これだと予備のペン先を購入しないといけませんね。

f:id:Loxley:20190414215417j:plain

 

第二世代Apple Pencilのいいところはなんといっても本体に磁石でくっつくところ。この状態で充電できて非常に便利です。

f:id:Loxley:20190414215523j:plain

 

ケースは安物を買っておきました。一応スリープとApple Pencil2格納対応です。

f:id:Loxley:20190414215502j:plain

 

お値段は2000円を切っていました。 

 

iPad Pro 2018のセットアップは簡単でした。iCloud連携で以前のiPad Proの情報を引き継ぐことができます。便利便利。('ω')b

f:id:Loxley:20190414215539j:plain

 

アップデートが長いのでこの間にカバーを装着してみました。ちゃんとApple Pencil2が格納できますし、このまま充電も可能です。

f:id:Loxley:20190414215553j:plain

一世代前のApple Pencilは充電が不便だったのでこの仕様変更は嬉しいですよね!

 

お古のiPad Proはじゃんぱらへ

お古のiPad Pro 10.5インチモデルは秋葉原のじゃんぱらに売ってきました。査定額はけっこう厳しい・・・。

loxley-note.hatenablog.jp

 

ワイヤレスキーボードが使えた

メインブログで紹介したBluetoothキーボードをペアリングして使用できました。

loxley-note.hatenablog.jp

キーボードがあるとお絵かきアプリ「CLIP STUDIO PAINT」でショートカットキーが利用できるので便利です。Apple純正のキーボードは高いので⌘キーが使えるタイプの安いキーボードがオススメです。

New AirPodsが届いたので早速使ってみた

New AirPodsが届いた

先日、AppleからNew AirPodsが発表されたので早速Apple Storeで注文したという記事を書いた。 

loxley-tips.hatenablog.jp

で、本日3月26日に配送されてきたので早速箱から取り出して、New AirPods を使用してみた。

AirPods

梱包物はAppleらしく簡素でAirPodsと充電ケース、ライトニングケーブル、マニュアル類だけだった。

AirPodsはバッテリーが66%ほど充電されていてそのまま利用可能だったため、早速ペアリングしてみることにした。

が、ペアリング自体この製品はやり方が通常製品と異なるようだ。iPhone8 PlusとiPad ProのOSを更新し、その後充電ケースのカバーを開けた状態で端末に近づけるとペアリングが完了して利用できるようになった。簡易マニュアルを読むと、iCloud経由で他のiPadやMacBookでも利用可能になっているのだとか。

設定

Bluetoothの設定からAirPodsをダブルタップした時の設定を行う。筆者は左を次の曲再生、右を再生・一時停止にした。 

AirPods設定

ちなみにAirPodsを耳から外すと再生は停止するし、耳に装着すると再生が始まる。なので左右のダブルタップ設定は各人お好みでやるとよいだろう。 

音質

AirPodsを耳に装着して黒崎真音の楽曲を聞いてみたが音質はすこぶる良い。これまで使用してきたワイヤレス機器の音質とは雲泥の差だ。

 

筆者はこれまでESKA E200というワイヤレスイヤフォンを使用してきたが、さすがに安物とは音質が比べ物にならない。

loxley-note.hatenablog.jp

音質の良さにも驚いたが、New AirPodsの接続の速さにも驚いた。接続して数秒後にBluetooth接続マークがiPhoneの画面上部に表示されるが、それを待たずに楽曲がワイヤレス再生可能なのだ。

 

17000円もするワイヤレス製品だが、価格に見合った出来と使い勝手だと思う。欲を言えば色が黒のモデルもあればよかったのに。(白は耳に装着するとちょっとかっこ悪いし) 

 

ワイヤレス充電対応も

ワイヤレス充電対応の充電ケースも同時に発売されており、ワイヤレス対応充電機器を持っている方なら、ケーブルレスで充電できる。 

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

 

筆者は出先でモバイルバッテリーを使用して充電することがあるので、ケーブル充電モデルを購入した。 

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

 

 

New AirPods(第二世代)を注文しました

第二世代AirPodsが発表後すぐに発売開始になったので早速Apple Storeで注文しました。

new airpods

 

第二世代になって変更になった点は

  • 接続が高速に
  • 低遅延
  • 15分の充電で使用できる時間が延びた
  • 「Hey Siri」対応
  • ワイヤレス充電ケースが発売

といったところ。

筆者はライトニングケーブルでの充電で問題ないのでワイヤレス充電ケースは購入しませんでした。ワイヤレス充電ケースは第1世代AirPodsでも使えるそうです。

新モデルで低遅延化されたのは嬉しいですね。ワイヤレスの不満な点はゲームでの遅延と、接続までのあの長い待ち時間なので。

今は他社製のワイヤレスイヤホン(ESKA E200)を使用しているのですが、この製品も接続までが妙に長いんです。あと音質もあんまりよくないですし。

loxley-note.hatenablog.jp

3日連続でのマイナーチェンジモデルの発表となったわけですが、iMacやiPad/iPad miniなど主な変更点は性能面での向上でこれはこれでApple製品好きとしてはけっこう嬉しかったりします。('ω') 

Macの開発環境「Xcode」を使い始めた件

仕事でObjective-Cを使うことになりそうなので、まずはXcodeに慣れるところから始めました。

左にiPad Proを置いて書籍(Kindle本)を表示し、MacBook Proをプログラミングの学習環境にしています。 

Xcode

Xcode自体は以前インストールしておいたので、まずはC言語の復習から始めています。仕事ではWindows(Visual Studio)・Mac/iOS(Xcode)を扱うことになるわけですが、動きの早いWeb系と比べるとはたしてどっちが大変なのだろう? 

 

Objective-CについてはAmazonをチェックしても入門書の数が少ないため、Kindle unlimitedで読み放題対象の書籍をいくつかダウンロードしておきました。

“入門書”で挫折した人のための C言語からはじめるObjective-C超入門

“入門書”で挫折した人のための C言語からはじめるObjective-C超入門

 

(まだ)挫折したわけではないけど、なかなかいい本ですね、これ。誤字脱字がないのが好印象です。 

Mac/iOS向けのプログラミング本だと最近はSwiftが多いのですが、そちらは手を出す余裕なし、です。

 

お、そうそう。最近はAppleの開発者登録なしで、ある程度ローカルの作業ができるんですね。作成したアプリケーションをApp Store等で公開する気がない人でも、とりあえずMacさえあればプログラミングの勉強ができるのでXcodeをインストールして遊んでみるといいと思います。

絵描き用の二本指グローブを購入した件

iPad Proでお絵描きの練習をしている時に気になるのが、手が画面に触れて誤操作すること。かといって手を浮かせたまま絵を描くのは疲れる、ということで「絵描き用グローブ」を購入しました。 (4枚入りですがお値段はなかなか安めでした)

右手の薬指と小指から手首にかけてを覆うのですが、これがなかなか使い勝手が良く。画面に手をおいて誤操作が発生することが格段に減りましたね。これはいい買い物でした。

 

iPad Pro + Apple Pencil  + CLIP STUDIO PAINTでのお絵描きはなかなか良好です。10.5インチモデルはやっぱり持ち歩きに便利です。次はiPad Pro 2018モデルとApple Pencil2が欲しいですね。('ω')

loxley-tips.hatenablog.jp

 

お絵描き練習用にペンタブレット「Wacom Intuos small」を購入しました

WiiUや3DSで任天堂のMiiverseを利用していたものの、サービスが終了したので代替としてiPad Proでお絵描きをしていました。(あんまり時間が取れなくて専らMacBook Proでプログラミングの勉強をしていたわけですけど)

いくつかソフトの選定をしたのですが、良さそうだったのが「CLIP STUDIO PAINT」でして、iPad ProだけでなくMacやPCでも使ってみたいと思い、Wacomのペンタブを購入することにしました。

Wacom Intuos

購入したのはワコム製のペンタブ「Intuos small」。

ペンタブをオススメしているサイトをチェックすると、MacBook Pro 13インチを使用しているならこのくらいのサイズでも十分ということでこちらに決めました。 

 

Amazonでポチって翌日に届きました。

箱の中にはペンタブ、ペン、USBケーブル、マニュアル類が入っていて非常に簡素。 

Wacom Intuos

 

早速、MacBook Proに接続して、ワコムのサポートサイトからドライバをダウンロードします。 

Wacom Intuos

 

無線LANだとダウンロードが長い・・・。

ドライバをインストール

インストールが終わって再起動後、Pixivのサービス「sensei」でペンタブの描き心地をチェックしてみました。 

sensei.pixiv.net

・・・う〜ん、iPadとApple Pencilでのお絵描きに慣れているとペンタブはちょっと癖のある操作感というか、まもとに線が引けない。('ω';) 

 

Pixivプレミアムに登録するとCLIP STUDIO PAINT DEBUTのシリアルがもらえたのでペイントソフトはそちらを使うことにします。

CLIP STUDIO PAINT PROの廉価版みたいな感じ?

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT PRO

 

 

お絵描きソフトにCLIP STUDIO PAINTを選んだ理由はイラスト投稿サイトや入門書籍が充実していたからです。  

CLIP STUDIO PAINT PRO 公式ガイドブック

CLIP STUDIO PAINT PRO 公式ガイドブック

  • 作者: 株式会社セルシス
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2018/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

しばらくはsenseiで練習かな。上達できるよう頑張ります。('ω') 

iPhone8からiPhone8 Plusへ

iPhone8 Plusを購入

有料動画サービスを出先でも高画質で視聴したい、容量も64GBでは不足するということでiPhone8からiPhone8 Plus(256GBモデル)に買い換えて使用することにしました。 

iPhoneXS/XS Maxに買い換えない理由は以下の記事に記述しています。 

loxley-tips.hatenablog.jp

 

iPhone8と比較してみる

開封してiPhone8と比較してみましたけど、やはりiPhone8 Plusは大きいですね。 

iPhone8と8Plus

片手で持つにはiPhone8がベストサイズなのですが、いかんせんiPhone8は解像度が低く・・・。iPhone8 PlusのディスプレイはFullHDで、さすがにきれいです。動画を高画質で視聴したい! 

 

移行は簡単

iCloudバックアップを利用しているので機種変更は簡単でした。SIMカードを差し替えて無線LAN接続後、設定が終わったらAPN設定して完了です。

SIMカードの取り出しは付属の器具で「押す」ことで取り出せます。

※誤って傷がつくと買い取り時の査定に影響するので注意!

SIM

Apple Musicの曲ダウンロードはさすがに時間がかかりました。 

 

これまで使用していたiPhone8はじゃんぱらに中古買い取りしてもらおうと思います。

 

イヤホンジャック変換アダプタが同梱されていない 

iPhone8 Plusを購入してちょっとショックだったのはiPhone8には付属していたイヤホンジャック変換アダプタがiPhone8 Plusには付属していなかったことですね。

先日Bluetoothワイヤレスイヤホンを購入して使う機会はなさそうとはいえ、気分的にちょっとモヤモヤ。

loxley-note.hatenablog.jp

iPhoneからイヤホンジャックがなくなって数年経ちますし、ワイヤレスイヤホンの普及が進んだのですかね。で、Appleが変換アダプタを付けなくなった、と。確かに最近はイヤホンジャックがなくなった件の不満をあまり聞かなくなりました。

 

とりあえず、iPhone X以降の新UIが改善されるまで可能な限りiPhone8 Plusで乗りきりたいと思います。

iPhone8 Plusを注文しました

iPhone8 Plusを購入

新年すぐにiPhone8 Plusを注文しました。

理由は

  • 動画をもう少し高画質で視聴したい
  • Apple Music、Amazon Prime Video、AbemaTVを利用していると容量が足りなくなってきた

などといったところでしょうか。ダウンロードコンテンツはけっこう容量を使います。

Apple Store

なぜ今更iPhone8 Plus?

今ならiPhoneXS Maxだって候補になるのに、と思われるかもしれませんが、秋葉原のヨドバシカメラで実際にiPhoneXS/XS Maxに触ってみると非常に操作性が悪く、「こりゃダメだ」と思ったわけです。(ちなみにiPhone XRは解像度が低く、筆者的には論外の選択でした)

で、価格的と条件面で折り合いがついたのがiPhone8 Plusでした。

 

実機のiPhoneXS Maxを操作してみたんですが、調べないとタスクの切り替え方法がわからないのは「さすがにこれはどうよ」と思うわけです。(画面下からスワイプして途中で止める)

 

iPhone8までの操作性の良さ

筆者はiPhone 3GSからのiPhoneユーザーなのですが、iPhone X以降のUIと操作性はどうにも使いづらく、iPhoneらしい良さが薄れてしまったように思います。iPhoneの良さってやっぱり直感的に使い方がわかることですよね。iPhone3GS→4→SE→8と使ってきましたけど、どれもいい端末でした。

 

iPhone8 Plusくらいの性能なら数年は持つでしょうし、しばらくAppleの様子を見て、改善がないようならAndroid機に移っちゃうのもいいかなと。ハードウェア・ソフトウェアの違いはともかく、ホームボタン的なものはやっぱり欲しいです。

なんでハードウェアボタン→ソフトウェアボタンに変更するだけにしなかったのかと。画面の上下を通知・操作領域にするだけでしょうに。

などといろいろと新端末に不満がわいてきたのでiPhone8 Plusにしたわけです。

Mac用マウス「Magic Mouse 2」を購入、早速使用してみた

Apple純正マウス「Magic Mouse 2」を購入

文章を入力したり、プログラミング用途だとトラックパッドで十分であるし、ホームポジションから手を動かさなくてよいのでマウスの購入をこれまで見送ってきた。しかし、グラフィック系ツールを使うにはトラックパッドだとやり辛く、画像の切り取りで範囲選択するのにトラックパッドでは使いにくい。

というわけで、ついにMacbook Pro用にマウスの購入を決めた。

購入したのは「Magic Mouse 2」、見た目がAppleらしいカッチョいいマウスだ。

Apple(アップル) 純正 Magic Mouse 2 マジックマウス 2

Apple(アップル) 純正 Magic Mouse 2 マジックマウス 2

 

 

開封する

ヨドバシカメラで購入したマウスが届いたので早速ダンボールから取り出してみた。 

Magic Mouse 2

マウスでも相変わらずの高級感。Appleのブランドイメージだろうか。 

 

箱を開けるとマウスが出てきた。

Magic Mouse 2

充電式だからであろうか、意外にずっしりとした重さがある。

 

マウスを箱から取り出してみると、

Magic Mouse 2

底の方に付属品があるようだ。

 

蓋を外して底を確認すると、薄い説明書と充電用のライトニングケーブルが同梱されていた。

Magic Mouse 2

このケーブルと本体を接続するのだが、Macbook ProのUSBポートはUSB Type-Cが4口となっている。本体から充電したいなら変換アダプタなどが必要になる。

ちなみに筆者は以前当ブログで紹介したUSB-Cハブを使用してマウスを充電した。

loxley-tips.hatenablog.jp

まぁ、MacやMacbookを持っている人ならiPhoneを持っているだろうし、その充電ケーブルを利用すればよいだけなのであるが。 

 

接続する

Magic Mouse2の接続はBluetoothで行われる。Bluetoothを利用するならペアリングが必要となるが、マウスをライトニングケーブルで接続すると自動的にペアリングが完了する。 

f:id:Loxley:20181219213038j:plain

電池残量は接続した時に98%になっていた。Macbook ProやiPad Pro、iPhoneもそうだが、Appleは到着時からある程度利用できるようにあらかじめ充電して送付してくれるので嬉しい。

 

使用感、レビュー

ブログの記事を書くついでにMagic Mouse 2を使ってみた。

重さ的には上述したように意外と重く、ずっしりくる。そのためマウスパッドはそれなりの品質のものを用意しておく必要がある。(安いマウスパッドだと滑りが悪いし、マウスパッド自体がズザーッと動いてしまう)

【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005

【国内正規品】SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005

 

 

クリックはカチカチッと小気味よい音がしてわかりやすい。スクロールはマウスの上面をなぞることで行う。

マウスの移動速度はデフォルト設定では遅すぎるので3段階ほど速くすることで使いやすくなる。

Macbook Proだと本体に広いトラックパッドが用意されているのでマウスの使用頻度は低いが、画像を扱う場合は持っておいてもよいと思う。 

本製品の残念な点としては、充電口がマウス裏面にあることだろう。このため充電する際にはマウスが利用できないことになる。充電時間は短いようなのでさほど気になるレベルではなさそうだが。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS