調べるブログ

仮想通貨やマイニング、Apple製品、IT技術など自分が調べた様々なことをノウハウとして記事にしています。

仮想通貨「Ripple(XRP)」を買い集めてみる

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



Webbotで今年Ripple(XRP)の価格上昇が予測されています。

Rippleといえば昨年はNEM(XEM)と並んで勢いのあった仮想通貨ですが、仮想通貨全体の暴落後は100円近くを推移する銘柄になっています。

f:id:Loxley:20180225160540j:plain

RippleはSBIVCでも取り扱い銘柄にするという(SBI北尾社長の)発言もあり、今後市場での取り扱いが増えていけば海外だけでなく国内も多少の上昇の余地はあるのかな、と上記の予測に乗ってみることにしました。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

Rippleを安く集める

通常、この手の仮想通貨を集めるなら資金(JPY)を用意して取引所や販売所で入手するのでしょうが、そこはマイナーである筆者、出来るだけ安く集めてみようと思いました。 

といってもRppleは取引所・販売所での購入でしか入手できません。 

そこで筆者はマイニング効率の良いZcash(ZEC)をマイニングし、海外の取引所(Binance)へ送金し、ZEC→BTC→XRPとトレードして入手することにしました。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

Zcash(アルゴリズムequihash)マイニング効率は、概ね niceHash のマイニング報酬よりも効率が良いです。さらにZcashのFeeは安く、日本でJPYでBTCを購入して海外取引所に送金するよりかなり安く抑えることができます。

しばらくはこの方法でRippleを集めてみようと思います。

niceHashで得たBTCはメイン取引所の bitbank.cc に送金してしばらくホールドですね。こちらもwebbotの予測では高騰するようですし。

 

税金の計算

トレードが多いと税金の計算が面倒なのでは?と思われるかもしれませんが、筆者は年末に国内の取引所で全てJPYに換金して総平均法で税金を計算し、雑所得として申告する予定です。(昨年の分の計算は既に済ませました)

loxley-tips.hatenablog.jp

記録用に各取引所のCSVファイルも残しています。

 

自分でパパッと書ける確定申告 平成30年3月15日締切分

自分でパパッと書ける確定申告 平成30年3月15日締切分

 

 

余談

今年の仮想通貨市場の地合いだとBTC連動の影響が強すぎて草コインに投資する意味はあまりないですね。(BTCに連動してアルトコインも上下するので買う意味がない)

一応Shield(XSH)は抑えてありますが、今年はそういった時価総額の低い銘柄の高騰を狙うのではなく、開発・運営のしっかりした銘柄で手堅く取引していくのが確実に利益が出る方法なのではないかと考えています。

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS