調べるブログ

仮想通貨やマイニング、Apple製品、IT技術など自分が調べた様々なことをノウハウとして記事にしています。

NiceHashの内部Walletから初出金をやってみました!

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。



NiceHashでマイニングを継続中

マイニングプールサイト「NiceHash」がGOXされてから復活し、筆者もこの数日NiceHashを利用してマイニングをやっていました。

loxley-tips.hatenablog.jp

 

最近はNiceHashを利用したマイニングの調子が良く、なかなかの収益です。NiceHashは効率の良いアルゴリズムを自動的に選択してマイニングしてくれて、報酬はビットコイン(BTC)で支払われます。

今回は外部への送金ができるくらいにビットコインが貯まったので取引所へ送金してみることにしました。 

 

内部ウォレットから出金する

NiceHashでは内部ウォレットを使用しているのですが、現在はビットコインの送金コストが随分安くなっているようで日本円に換算すると619円程度でした。このくらいの手数料だと今後はイーサリアム(ETH)と交換して海外の取引所へ送金する必要はなさそうです。(ライトニングが導入されている取引所だと送金も速いだろうし)

f:id:Loxley:20180125232211j:plain

 

NiceHashのWalletからWithdrawを実行します。

 

すると登録したメールアドレスに「Withdraw Code」メールが届きます。

メールに記載されているコードをコピーしてNiceHashのWallet画面にペーストして処理を進めます。

f:id:Loxley:20180125232223j:plain

 

NiceHashのWalletではPendingと表示されたのでしばらく送金処理待ちすることになりそうです。

 

ビットコインは国内取引所に送金することに

送金先は日本の仮想通貨取引所「Zaif」にしておきました。

 

 

この取引所で扱っている仮想通貨の一つ、「NEM(XEM)」をBTC建てで買い増ししておこうかと思いまして。

NEMの仮想通貨格付けの結果は平凡(C+らしい、地味)であんまり期待度は高くなかったようですが、この先カタパルトなどの高騰するかもしれないネタがあるので期待しています。

 

他にZaifが取り扱っている仮想通貨にモナコインがありますが、モナコインは自分のPCでマイニングできるのでわざわざ買うことはないですね。

 

上述しましたが、ビットコインの送金手数料と送金処理時間が現実的になってきたのでイーサリアムに交換することもなさそうです。

 

早く出金手続き終わらないかなー。('ω') 

 

ではまた次回。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。
  • 投資にはリスクが伴います。利益を得る反面、損失もありえます。投資活動は自己責任で。

(C)LOXLEY-TIPS