調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

最近の仮想通貨関連の動きをメモ

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

9月の上旬は仮想通貨に関して大きな動きがあったのでメモしておきたい。

中国のICO規制 

www.sankeibiz.jp

仮想通貨ビットコインの価格が4日急落し、7月以来の下げ幅を記録した。中国人民銀行(中央銀行)がイニシャル・コイン・オファリング(ICO、仮想通貨の新規発行)を違法とし、関連する資金調達活動の全てを即時停止するよう通告したことが背景にある。急成長中の仮想通貨市場にとっては、規制面でこれまで最大の課題を突きつけられた格好だ。

中国政府の思惑はいろいろとあると思うが、この影響を受けて海外ではビットコイン等仮想通貨の取引価格は下落の傾向にあるようだ。 

f:id:Loxley:20170906220520j:plain

ただし、中国でICO規制の方向に向かったからといって日本にどの程度の影響が出るかは不明だ。国内取引所での取引価格を参照すると、現時点でも数ヶ月前と比べて数倍の取引価格となっているし、仮想通貨自体が規制されたわけでもない。

 

取引価格のデータは仮想通貨取引所のZaifを参照した。

 

 

ビットコイン取引で得た利益は「雑所得」となる

国税庁が正式にビットコイン取引で得た利益を雑所得として扱うことを明言した。

国税庁HPに記載されている。

 

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。  

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。 

 

雑所得の確定申告は簡単なので、さほど税金処理に時間を取られることはないだろう。(不動産賃貸事業の確定申告はけっこう大変だったが)

ビットコイン取引で得た利益が雑所得として明文化されたのは大きい。不動産所得で赤字の場合、損益通算が可能となるからだ。(これが株式取引で得た利益のように分離課税だったらこのような方法は取れない)

 

筆者は技術的関心でマイニングはやってみたものの、仮想通貨の取引は今のところやるつもりはなかったが、税金が雑所得となるとちょっと興味がわいてきた。

投資目的で取引している人には先日のビットコインのハードフォークの件や、今回の中国ICO規制などけっこうな影響が出ているようだ。今後も海外の動きに注意しておこうと思う。

loxley-tips.hatenablog.jp


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS