調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

仮想通貨のマイニング用途に特化したマザーボード「ASRock H110 PRO BTC+」が気になる

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

PCショップARKのブログを読んでいると気になる記事があった。 

マイニング特化マザーボード「ASRock H110 PRO BTC+」

www.ark-pc.co.jp

ASRock「H110 PRO BTC+」はPCI Expressスロットを13本搭載し、グラフィックスカードを最大13枚まで拡張可能な仮想通貨採掘者(マイナー)向けに特化した新コンセプトの「変態仕様」のATXマザーボード。 いよいよ2017年07月7日(金)より販売を開始する。 

 

筆者はちょうど仮想通貨マイニング用のマザーボードを探していたところなので興味深く記事を読んでみた。 

ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+

このマザーボードはいわゆるマイニング専用であり、リグ使用を前提としている。そのため一般的なATXケースでの運用を想定していない。 

 

ASRock公式のマイニングシステムセットアップガイドを参照するとマイニングに特化した、かなり尖った製品であることがわかった。

ASRock---Mine With ASRock H110 Pro BTC+ Supports up to 13 GPU Mining

 

ATXケースでの運用を想定していないため、電源スイッチとリセットスイッチがマザーボード上に配置されているのがいい。マザーボード上から別途スイッチ機器をつなぐ必要がないのだ。

f:id:Loxley:20170812164515j:plain

※ただし、ケースでの運用を考慮しないということはケースからの冷却は期待できないということなので別途サーキュレーターなど冷却機器が必要になる。忘れがちだが、ケースではビデオカードだけでなく、CPU・メモリ・ストレージ等も外部から流入する空気で冷却されている。そして外部に排熱されるのだ。

 

ASRock H110 PRO BTC+、マイニングに興味のある自作erにはかなり気になる製品である。

ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+

ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+

 

 

他に購入する機器

あとはビデオカード用にライザーカードと、 

電力効率のいい電源を購入するつもりだ。(750Wと1200Wの電源を持っているが、さすがに5年も前に買ったものなのでそろそろ買い替えたい) 

 

GPU(ビデオカード)は電力効率の良いGeForce系で揃えようと思う。GTX1050Tiを複数枚ほしいところだが、注意点としてVRAM4GBのものを購入する必要がある。また、できれば補助電源が必要のないものがよい(ケーブルが煩雑になるのがイヤなのだ)。

今だとおおよそ\15,000ほどで購入できると思う。

ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB Mini グラフィックスボード VD6198 ZTGTX1050TI-4GD5MINI001
 

 

マイニング用途の場合、CPUはセレロンで十分だ。 

一緒に購入するDDR4メモリのほうが高いという特殊な状況になってしまうが、それが採掘専用マシンの特徴である。(GPUと電源だけが豪華なことが多い)

 

リグは専用のものは高いのでアイリスオーヤマのメタルラックを活用しようと思う。 

 

マイニングマシンの構成を考えるのは楽しい。まさに自作er向けの遊びと言えよう。(投資効率なんて考えてない)


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS