調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

NiceHashでのマイニングを自作erがやってみた

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

Sponsored

impressに著名な仮想通貨マイナーが記事を寄稿していたので読んでみた。内容は自作PC業界で話題になっている仮想通貨マイニングの初心者向け説明だ。

akiba-pc.watch.impress.co.jp

最近、よく目にするようになったビットコインを代表とする仮想通貨。それに合わせ、PCでのマイニングも再注目されるようになりました。
ただ、現在のマイニングの状況を詳しく知る人は少なく、「GPUを使って仮想通貨を採掘しているらしい」といった漠然としたイメージ方が多いのではないでしょうか。
そこで、今回はPCでの仮想通貨マイニングとは実際に何を行うのか、マイニングを始めるには何が必要なのか、具体的な方法と、はじめる際に必要となるPCの性能を紹介したいと思います。 

 

なかなかわかりやすい記事だったので、上記記事の内容を自宅のメインマシンで実際にやってみた。 

 

 

マイニング実行環境

筆者のメインマシンはPCゲーム用に組んだミドルスペック(Core i5+GeForce GTX1060)仕様である。構成の詳細については、以下にレビュー記事を書いているのでそちらをご参照いただきたい。

loxley-note.hatenablog.jp

 

PCゲームで遊ぶ場合、GeForce GTX1060はコストパフォーマンスに優れた優秀なビデオカードだ。 

 

今回はこのPCで仮想通貨のマイニングをやってみることにした。

 

Jaxxのダウンロードとセットアップ

まずはウォレットが必要なのでJaxxをダウンロードした。(筆者が使用したのはWidnows用のアプリケーション)

ちなみに、後述するNicehashでアカウントを作成するならこのステップは必要ない。Nicehashのアカウントでログインし、表示されるBitcoinアドレスを使用すればよいからだ。

 

Bitcoinアドレスを取得

初期設定を済ませてBitcoinアドレスを入手した。

今後このBitcoinアドレスを使用して送金や受取を行うことになるが、今はBitcoinアドレスを確認しておけばいい。

 

バックアップを取る 

念のためJaxxユーザーデータのバックアップを取っておくことにした。Jaxxのパスフレーズは12個の単語からなっており、こちらを控えておく。

PCを変える場合に必要になるのでパスフレーズは厳重に管理する。

 

Nicehashをセットアップ

次にNicehash Minerをダウンロードしてセットアップした。 マイニング用のソフトだが、つい先日メジャーバージョンアップしたようだ。かなり使いやすくなっている。

 

Nicehashへの登録について

Nicehashでもオンラインウォレットを作成できるが、筆者はあまり必要が無いように感じる。というのもオンラインウォレットとJaxxなど外部のウォレットを比べて手数料にさほど差を感じないからだ。払い出しできる一定額のコインの下限がNicehashで作成したウォレットであれば低いので払い出ししやすいが、手数料が高いのであんまり使う気になれない。

f:id:Loxley:20170812180715j:plain

new.nicehash.com

 

Nicehashの設定を行う 

Locale等の設定は行ったがビックリするほど設定することは少ない。 

 

Benchmarkを実行

マイニングを始める前にベンチマークの実行が必要だ。使用している環境に合わせて最適の仮想通貨を選んでくれるらしい。 

 

マイニングする

ベンチマークの実行後、マイニングを実行してみた。 

f:id:Loxley:20170811103806j:plain

入手から実行まで驚くほど簡単である。なお、入手した仮想通貨(アルトコイン)はビットコインに交換されプールで保管される。後々一定の量まで貯まったら払い出される仕組みのようだ。

 

GPUの負荷と熱

Open Hardware Monitorでチェックしたところ、GPU Coreの温度は68℃ほどであった。PCゲームを遊んでいる時と比べるとわずかに低いくらいだ。

 

今後の課題と検討事項

一応の動作確認はできたのでこれからやっていくことを書いてみた。

 

電気代節約のために契約プランの選択が重要

筆者はTEPCOと契約中だが、現在は従量課金契約のため、これを夜間割引の契約に変更し(夜間に)マイニングをしてみようと思う。

 

マイニングマシンの構築

採算は別にするとして自作erにとって仮想通貨のマイニングはなかなか面白いものだと感じた。特にベンチマークとマイニング効率が数値でわかるのが楽しい。

ゲーム用途のメインマシンだけではどれだけ拡張してもマイニング効率はよくないので採掘機器の追加を検討中だ。

 

マイニング専用のリグと構成

増設していくマイニング機器はリグを構築して追加していくこととし、マザーボード等もマイニング向けの製品を購入することになるだろう。

マイニングを実行するにあたり重要なのは電源とGPUであり、CPUはさほどパワーは必要ない。

マザーボードは複数枚のビデオカードを接続可能な製品が人気のようだ。 

BIOSTAR ULTRA PRO CRYPTO-MINING マザーボード TB250-BTC PRO

BIOSTAR ULTRA PRO CRYPTO-MINING マザーボード TB250-BTC PRO

 

 

ビデオカードはGeForceを中心とした構成にする。 というのもRadeonは一部のアルゴリズムには強いが、全般的にはGeFroceが有利なように思えるからだ(消費電力的にもGeForceが優勢)。また、中古で売る際にもGeForceのほうがゲーム用途でも人気があるため高値が付きやすい。マイニングではハードウェアを定期的に更新していくことを考慮に入れるとGeForceのほうがよいという選択になるだろう。

ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB Mini グラフィックスボード VD6198 ZTGTX1050TI-4GD5MINI001
 

筆者はAMDerであり、Radeonを長いこと使い続けてきたがワッパと処理性能のためだ。しかたない。

 

発火に注意

熱や他の原因によるパーツ類の発火・焦げ付きに注意して耐火シート等は必要になるだろう。 

 

仮想通貨取引所への登録

どれかひとつ仮想通貨取引所に登録しようと考え、Monacoinが利用できる「Zaif」に登録することにした。

 

しかし、あいにくと筆者は仮想通貨に関しては投資よりも技術的関心のほうが強いので(投資対象としての)仮想通貨にはさっぱり関心がない。電気代を考えるとリターンが少ないからだ。日本で自宅でのマイニングをやるのは同じくハードウェア好きの人が多いのではないだろうか。冒頭で紹介したマイナーの方もかなりのハードウェア好きのようだし。

投資対象として仮想通貨を見ている人は取引所でのコイン購入かクラウドマイニングをやっているかと思う。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS