調べるブログ[Loxley-Tips]

iPhone、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

残業時間が少ないトップ100社ランキングを見て思ったこと

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

「残業時間が少ないトップ100社ランキング」という記事があったので気になって読んでみました。残業が少ない企業が人気みたいですね。

でもこれって「罠」があるよなぁと思ったわけです。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160329/20160329011517.jpg

toyokeizai.net

「残業時間が少ない会社に入りたい」と思う学生は多いらしい。確かに最近、残業が多い会社は「ブラック企業」と批判され、若い社員に気を使って「残業を命じにくい」という中年上司も増えていると聞く。 以前は長時間労働を推奨していた経営者の中にも、「残業をなくしていく」という方針に変えるケースが増えている。学生だけでなく社会全体で長時間労働の認識が大きく変わりつつあるようだ。国も一億総活躍社会の実現のため、働き方改革実現推進室を設置し、長時間労働の是正に乗り出している。 では、CSR(企業の社会的責任)に積極的な会社の残業時間は、どのようになっているのだろうか。 そこで今回は、『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2017年版の月平均残業時間のランキングを作成(対象は742社)。残業時間が少ない会社を紹介する。残業手当を開示している会社は金額も掲載した。

1日の基本労働時間は?

残業が少ないと行っても一日の基本労働時間は民間企業だと、

  • 7.5時間
  • 8時間

などとそれぞれ異なっていると思います。

それと休み時間も含めた拘束時間もありますよね。

 

一日の労働時間が8時間で一ヶ月働くのと、7.5時間で一ヶ月働くのとでは労働時間が結構変わってくると思います。

一日30分の差が一ヶ月だと10時間ほどになってくるわけで。その点が上記の記事には書いてありません。

それと、残業代は出るのか、裁量労働制なのかとかもありますね。

 

残業時間重視で会社を判断すると手痛い目にあうかも?

 

私は7.5時間+残業代のほうがいいですけど、現実は悲しい裁量労働制のしがない会社員です。(T_T)

 

はてなブログの人気ブロガー、フミコフミオさんのようなロックな生き方はできないですねぇ・・・。

delete-all.hatenablog.com



  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS