調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

Windows10で全画面表示のスタート画面を使用する

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

Sponsored

先日、Windows8.1からWindows10にアップグレードしまして、予想よりは快適に使えています。思っていたよりも安定していますね、Windows10。ドライバ類が良いのかまだ一度もフリーズは経験していません。(Windows8.1を使っていた時は何度かフリーズしたことが・・・)

Windows10で全画面表示のスタート画面を使うには

設定→パーソナル設定→スタートをクリックすると、「全画面表示のスタート画面を使う」という項目が表示されるので、このトグルをONに設定します。

f:id:Loxley:20160713194841j:plain

するとスタート画面が全画面表示になるわけですが、Windows10のデフォルト設定に慣れてしまうと使いにくく感じますね。というかWindows10の全画面表示スタート画面はWidnows8.1より使いにくいです。ClassicShell必須。

WindowsのUI 

Windowsは3.1から使っていますが、マイクロソフトって機能性に優れたUIってなかなか作れないんですよね(私は意外とWindows8.1は使いやすかったと思います。でもドライバがダメダメでした)。

歴代Windows PCの中でも、Windows8.1+Surfaceが一番使い勝手が良かったように思います。

しかしクラムシェル型ノートPCも捨てがたい。 

VAIO PCG-C1Mみたいな機種がまた出てきてくれないものか。

f:id:Loxley:20160713200040j:plain

あの小さな画面は全画面表示のスタート画面+タッチパネルでこそ活きると思うのですが。

でも今は2in1とかタブレットばっかりですからね。取り出してすぐに使えないとなかなか売れないのだと思います。

 

以上、「Windows10で全画面表示のスタート画面を使用する」記事でした。

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS