読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調べるブログ[Loxley-Tips]

iPhone、デジタル家電、IT技術など自分が調べた様々なことを記事にしています。たまに雑記も。

C#で作るWebページ表示処理時間計測ツール

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

とある製品のWeb管理画面の表示時間を計測することになったんですが、InternetExprlorer、FireFox、Google ChromeのF12キーを押してNetworkタブを見てもどれも非常に使いづらいわけです。

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/L/Loxley/20160311/20160311184934.png

画像:いらすとや

なんだか個々のパーツレベルでレスポンスタイムを表示してくれているんですが、ページ単位の表示時間がどれだけかかっているのか全くわかんないという。(=ω=)

 

C#で作るWebページ計測ツール

しょうがないのでC#で作りました。

独習C# 第3版

独習C# 第3版

  • 作者: ハーバート・シルト,エディフィストラーニング株式会社矢嶋聡
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2010/12/03
  • メディア: 大型本
  • 購入: 5人 クリック: 55回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

元X68ユーザーらしく、「ないものは作ればいいじゃない」スピリッツ。

ボタンを押してページを読み込み、処理時間を表示する

    
        private void button4_Click(object sender, EventArgs e)
        {   
            DateTime timeStart,timeEnd;
            TimeSpan ts;

            timeStart = DateTime.Now;
            
            string url = comboBox1.Text;
            webBrowser1.Navigate(new Uri(url));

            try
            {
                while (webBrowser1.IsBusy || (webBrowser1.ReadyState != WebBrowserReadyState.Complete))
                {
                    System.Threading.Thread.Sleep(100);
                    Application.DoEvents();
                }
            }
            catch (Exception) { }
            
            timeEnd = DateTime.Now;
            ts = (timeEnd-timeStart);
            label2.Text = "処理時間:"+ts.ToString();
        }

結果を表示してみます。 

f:id:Loxley:20160330113124j:plain

OK、便利。(´∇`)

後になってわかること

しかし、 

f:id:Loxley:20160330113650j:plain

あれ?FireFoxのこの部分でページ全体の表示にかかった時間がわかるんじゃないか?

 

後の祭りでした。(´Д⊂

 

その後、リストから読み込んでWeb自動巡回とかそっち方面で使うようになりました。

C#からIEコンポーネントを使うと、Proxyや証明書などの設定を引き継げるので便利ですね。

 



当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS