調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

確定申告したけれど還付金がゼロだったので調べた件

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

Sponsored

先日、面倒な確定申告を済ませたのですが、

あれ?そういえば還付金の計算結果が「0」だったぞ、と。
賃貸収支はマイナスで、雑所得(広告収入)と損益通算するとマイナスなんだけどなぁ。
気になったので調べてみました。

還付金は所得税で払い過ぎた場合に支払われるもの

昨年の確定申告では賃貸収支がマイナス、株式売却(一般口座)で利益があったので株式売却分の税金がいくらか安くなりました。

今年は損益通算するとマイナスだから還付金に期待していたんです。が、想定外の出来事が。

源泉徴収票をよく見ると、住宅ローン控除や保険料控除で所得税がかかっていない状態だったんですね。つまり差し引き所得税額が「0」。ここからは引けないので還付金はないわけです。

同僚も入院の費用を確定申告で申請したそうですけど、住宅ローン控除などで既に差し引き所得税額が「0」になっていたそうで、税務署に質問すると「そりゃ所得税が0なわけだから還付金はないですよ」と言われたそうです。

私は昨年から株式を特定口座(源泉徴収あり)で取引してるんですが、これだと株式は一般口座で取引して自分で確定申告したほうがお得ですね。

余談

ちなみに不動産賃貸の収支はマイナスですが、老後には住宅ローンが終わって賃貸収支がプラスになるのを期待して続けています。ただ固定資産税がきついんですよね。これは所得税額控除の対象にならないんです。うまいこと税収になるようにかんがえてあるものだなぁと思いました。(=ω=)

ついでに雑所得がプラス20万円未満だと確定申告不要などという記事をネットではよく見ますが、あれは厳密には誤りだと思います。住民税を払う必要がありますから確定申告は必要なんです。というわけで私は毎年賃貸収入+雑所得を確定申告しています。還付金ないんですけどね。٩(′д‵)۶

確定申告の勉強で読んだ本

【2015-2016度版】大家さんのための超簡単!青色申告 (不動産所得用・申告ソフト付/Windows用)

【2015-2016度版】大家さんのための超簡単!青色申告 (不動産所得用・申告ソフト付/Windows用)

  • 作者: 渡邊浩滋,塚田祐子
  • 出版社/メーカー: クリエイティブ ワークステーション
  • 発売日: 2015/12/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

 

  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS