調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

VMwareが米国の「VMware Fusion」と「VMware Workstation」の開発担当者を解雇

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

 ZDNetの記事を斜め読みしていたら個人的にショッキングな内容がありました。

ヴイエムウェア、米国の「Fusion」「Workstation」開発チーム全員を解雇か - ZDNet Japan

VMwareは予想を上回る四半期決算を発表したにもかかわらず、800人の人員削減に着手している。同社は組織再編で誰が解雇の対象になるのかを明言しなかったが、元従業員がすぐに秘密を漏らした。米国における「VMware Fusion」と「VMware Workstation」の開発担当者全員が解雇されたという。

驚きながら記事を読んでいたんですが、続きがあるようで、 

VMwareは別のコメントで、「特定の事業に関連する役割と責任がほかの地域やオフィスに移されるケースもある。VMwareは今後も、成長製品を重視しながら、ポートフォリオの全製品への投資を続けていく」と述べている。そういうことなら、「FusionチームとWorkstationチームを同じ場所に移動させる」というのは、将来、これらのプログラムの開発が米国外で行われるようになることを意味するように思える。

どうやら他の地域に管轄を移管するのかもしれないですね。人件費が安い地域でエンジニアチームを雇うつもりかな。 

乗り換えを考えるべきか

これまでVMware社の製品かMicrosoft社のHyper-Vくらいしか使ってこなかったもので、他製品に乗り換えになったら面倒だなー。はてなブックマークのコメントを見ても驚いている人がけっこういますね。

いざというときのために代替品を検討しておく必要はありそうかな。


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS