読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調べるブログ[Loxley-Tips]

iPhone、デジタル家電、IT技術など自分が調べた様々なことを記事にしています。たまに雑記も。

Windows10 Pro PreviewをVMware Playerで動作させる

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

MSDNから ja_windows_10_pro_insider_preview_10074_x64_dvd_6651126.iso をダウンロードしてVMware Player環境でインストールと動作確認を行いました。

VMware Playerのバージョンは6.0.5です。

インストールモードは「Windows8x64」を選択

インストールするOSはWindows8 x64を選択してインストール作業を行いました。

ローカルアカウントの選択が可能に

Windows8.1で不便だったローカルアカウントログインも選択可能になっています。(8.1ではサインインをキャンセルしてローカルアカウントを入力だったかな) 

 

画面サイズの変更

画面サイズの変更も様変わりしていました。 

  1. デスクトップで右クリックし、「画面の設定」をクリック
  2. 「ディスプレイの詳細設定」をクリック
  3. 「解像度」を選択する

f:id:Loxley:20150511150318j:plain

 

あれ?シャットダウンは?

f:id:Loxley:20150511151145j:plain

画面左下Windowsメニューにシャットダウンと再起動の選択がありました。

翻訳ミスで「仕事率」になっています。

 

といったことをやったところでOSフリーズ。

 

Xbox

f:id:Loxley:20150511151650j:plain

既報の通り、Xboxアイコンもありました。

www.xbox.com

 

Edgeが紹介されている

f:id:Loxley:20150511152243j:plain

新ブラウザ(開発コードProject Spartan)を起動するとEdgeが紹介されています。

新ブラウザ名はMicrosoft Edgeだそうです。

 

VMware Toolsはインストール可能

VMware Toolsはインストール可能でした。

インストール完了後は実PCからVMへのドラッグアンドドロップによるファイルコピーが可能でした。

 

では折を見てまたレビューしてみることにします。

 

追記:2015年5月12日

SpartanでBasic認証アクセスを行うと401 Unauthorizedになりますね。

IE11だと問題ないです。 

 

Windows10/8.1/7操作入門(日経BP Next ICT選書)

Windows10/8.1/7操作入門(日経BP Next ICT選書)

 

 



当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS