調べるブログ

Apple製品、IT技術、仮想通貨など自分が調べた様々なことを記事にしています。

JScriptによるWeb自動アクセス

当ブログへのご来訪、誠にありがとうございます。

Windows環境での自動処理というと、WSH(Windows scripting host)とvbscriptをよく利用していましたが、数年前からJScriptを利用しています。

JScriptでIEを制御する 

ここでは単純にInternet ExplorerでWebにアクセスするScriptを書いてみます。

 

use_ie()

function use_ie()
{
	var ie = WScript.CreateObject("InternetExplorer.Application");
	cruiseIE(ie);

}

function cruiseIE(ie)
{
 cruiseSinpleIE(ie,"http://hogehoge.com");
}

function cruiseSinpleIE(ie, URL)
{
 ie.Navigate(URL);
 ie.Visible = true;
 
}

このPREタグ内のコードをtest.jsなどの名前で保存し、Windows上で実行するとScriptによるWebアクセスが可能です。

他のページへの連続アクセスやテキストの自動入力などを実装することで、複数のサイトへの自動アクセスが実現します。複数のWebサイト巡回後、自動的にIEを閉じることも可能です。

 

Windows自動処理のためのWSHプログラミングガイド

Windows自動処理のためのWSHプログラミングガイド

 
WSHクイックリファレンス 第2版

WSHクイックリファレンス 第2版

 

 


  • 当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。
  • 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。

(C)LOXLEY-TIPS